スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝 バイエルンvsインテル

チャンピオンズリーグ(以下CL)は現地時間22日に決勝が行なわれ、インテル(イタリア)がバイエルン(ドイツ)を2対0で下した。これによりインテルは1965年以来45年ぶりの欧州制覇を達成し、セリエA、コッパイタリアと併せて今季三冠を達成した。

 スペインの「サンティアゴ・ベルナベウ」で行なわれた今シーズンのCL決勝。両チームとも国内二冠を果たし、三冠を目指しての戦いとなった大一番では、双方慎重な立ち上がりを見せる。ボールはバイエルンが保持するものの、ロッベンが厳しいマークに晒されるなど、インテル守備陣のブロックが効いてなかなかゴールチャンスを作れない。一方、堅守からの速い攻撃をねらうインテルは18分、スナイデルがやや遠い位置からFKで直接ねらうも、強烈なシュートはGKブットに阻まれゴールには至らない。

 試合が動いたのは35分、インテルはGKジュリオ・セーザルからのパントキックをディエゴ・ミリートが落として自らスペースを作ると、そこにスナイデルがスルーパス。ゴール前で抜け出したD・ミリートはこれを落ち着いて決め、インテルが貴重な先制点を奪った。リードしたインテルは43分にもカウンターから決定機。D・ミリートが前線でキープし、エリア内に走り込んだスナイデルにパスを通すも、スナイデルのシュートはブットに止められ追加点とはならない。対するバイエルンもチャンスをモノにできず、インテルが1点リードで折り返す。

 エンドが変わった後半、同点に追い付きたいバイエルンは、46分にアルティントップのパスを受けたミュラーがフリーでシュートを放ち、後半開始からトップギアでインテルゴールに迫る。しかしこれはジュリオ・セーザルの好セーブに遭い絶好の得点機を逃すことに。その後インテル、バイエルンともに相手ゴールを脅かすも、両GKが好セーブを見せて相手に得点を許さない。

 勝負の行方を大きく左右するゴールが決まったのは70分。インテルはD・ミリートがカウンターから個人技で持ち込み、フェイントでヴァン・ブイテンをかわすと冷静にゴール右隅に決め、相手を突き放す。2点を得たインテルはその後、ロッベンを中心に追いすがるバイエルンに最後まで得点を許さず、2対0で快勝を果たし、1964、65年のチャンピオンズカップ(現CL)連覇以来、実に45年ぶり3度目の欧州王者に輝いた。

 なお、この試合ではインテルMFサネッティが同クラブでの700試合出場を達成。また、ポルト(ポルトガル)を率いて2004年にCL優勝を経験しているモウリーニョ監督は、異なる2クラブでのCL優勝を成し遂げた史上3人目の監督として歴史に名を刻んだ。

 また、得点王には8ゴールをマークしたバルセロナ(スペイン)FWメッシが輝いた。この日2ゴールを挙げたミリートは6点で4位となっている。



スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
オススメ
最新記事
最新トラックバック
プロフィール

harukichi24

Author:harukichi24
チャンピオンズリーグプレスへようこそ!
ワールドカップをも凌ぐと言われる、世界最高レベルの戦いが繰り広げられるUEFAチャンピオンズリーグ。
試合展望やトピック、そしてワールドクラスの選手達を紹介していきます。
youtube動画で各選手のスーパープレーもご堪能ください!

最新コメント
広告
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。