スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝 バルセロナvsマンチェスター・ユナイテッド

28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝、バルセロナ対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は、バルセロナが3-1で勝利した。バルセロナは、2年ぶり4度目のCL制覇となっている。

立ち上がりに奇襲を仕掛けたのはユナイテッド。2-0で勝利した準決勝ファーストレグのシャルケ戦と同じ先発でスタートすると、開始直後から激しくプレスを掛けて、バルセロナを圧倒する。ハビエル・エルナンデスがオフサイドの網に掛かり、フィニッシュに持ち込めないものの、バルセロナにほとんど攻撃をさせない時間をつくった。

しかし、10分を経過すると、試合は落ち着きを取り戻し、戦前の予想どおりにバルセロナがボールをキープする展開になる。主将プジョールがメンバーを外れ、アビダルが起用されたバルセロナは、すぐに主導権を取り戻した。16分に右サイドからシャビがクロスを上げると、ニアに飛び込んだペドロがシュート。これは枠をとらえることができないが、20分、21分とビジャが立て続けにシュートを放つなど、バルセロナが徐々にゴールとの距離を縮めていった。

すると、先制点はバルセロナに生まれる。27分、中盤でシャビが前を向くと、中央を狙ってメッシが後方からダッシュ。この動きに相手DFヴィディッチが気を取られると、その隙にヴィディッチの横を走っていたペドロが外へ膨らんでフリーに。シャビがそのタイミングを見逃さすにスルーパスを通すと、ペドロがGKとの1対1を制して、ゴールネットを揺らした。

最初の10分を終えた後は圧倒され続けたユナイテッドだが、すぐに追いつくことに成功した。34分、ルーニーがギグスとのワンツーでペナルティーエリアに侵入すると、冷静に流し込んで1-1。少ないチャンスをしっかりと得点につなげた。

しかし、バルセロナのペースは崩れない。43分には、メッシの突破からビッグチャンスを迎えたが、ビジャのリターンパスがわずかに長く、1-1のままハーフタイムとなった。それでも、後半もバルセロナが主導権を握った。

勝ち越し点を決めたのはメッシ。54分、ペナルティーエリア手前で前を向いたメッシに寄せる選手が誰もいないのを見ると、メッシがドリブルで急加速。そのまま左足を鋭く振り抜き、ゴールを射貫いた。

再び追いつきたいユナイテッドだったが、ペースが上がらない。バルセロナのパス回しを追いかけ続けた疲れが出たのか、ビハインドを背負っても敵陣に押し込むことができなかった。69分にはファビオを下げてナニを投入。バレンシアを一列下げて、より攻撃的な布陣にした。

しかし、その直後にバルセロナが決定的な3点目を奪う。右サイドからメッシがドリブルで中央へ切り込むと、一度はDFにボールを奪われてしまったものの、ブスケッツが即座に奪い返して後方へパス。これを受けたビジャが右足シュート。きれいな弧を描いたボールが、ゴール右上に吸い込まれた。

厳しい状況となったユナイテッドは、77分にキャリックを下げてスコールズを投入したが、流れは変わらない。バルセロナが時間を使ってボールを回す展開になると、バルセロナは終盤になって立て続けに交代カードを切って、時間の経過を待つ。ユナイテッドに最後まで反撃の糸口をつかませなかったバルセロナは、3-1でタイムアップのホイッスルを迎えた。

スポンサーサイト

決勝トーナメント準決勝 2reg バルセロナvsレアル・マドリード

チャンピオンズリーグ(以下CL)は現地時間3日(以下現地時間)に準決勝セカンドレグの1試合が行なわれ、バルセロナがレアル・マドリー(以上スペイン)と1対1で引き分けた。この結果、2試合合計スコアを3対1としたバルセロナが2季ぶりとなる決勝進出を決めた。

 敵地でのファーストレグで2対0と勝利し、アドバンテージを持ってホームでのセカンドレグに臨んだバルサ。試合開始の数時間前から豪雨に見舞われ、ぬかるんだピッチコンディションとなったが、バルサは華麗なパス回しから幾度もチャンスを作り出す。ファーストレグで全2得点を叩き出したメッシがこの日もゴールを脅かすと、メッシのパスを受けたビリャも負けじと鋭いシュートを放つ。いずれもレアルGKカシーリャスの好守に阻まれ得点こそ奪えなかったが、バルサがアドバンテージを保ったまま前半を終えることに成功する。

 後半は開始直後にレアルがチャンスを迎える。センターサークル付近でボールを受けたクリスティアーノ・ロナウドが突破を図り、最後はイグアインがネットを揺らす。しかし、これはイグアインのシュートの前にC・ロナウドのファウルがあったとして得点は認められない。

 スコアが動いたのは54分、先制したのはバルサだった。自陣ゴール前からの素早い連携で敵陣中央で待つイニエスタにボールが渡ると、イニエスタはエリア内に走り込むペドロへと高速かつ正確なスルーパスを通す。これでカシーリャスと一対一となったペドロは左足でゴールへと流し込み、バルサが決勝進出を大きく引き寄せる。

 ここまでボールを奪回することに腐心させられてきたレアルはその10分後、鋭い出足で高い位置でボールを奪うと、ディマリアがポスト直撃のシュート。最後はその跳ね返りを拾ったディマリアからのパスを受けたマルセロが決めて1点を挽回する。

 しかし、その後レアルは得点を挙げられず。2点のリードを保っていたバルサは後半ロスタイム、肝腫瘍摘出手術から回復したアビダルをピッチに送り込むと、スタンドからは温かい歓声が送られた。結局試合はそのまま終了し、18日間で4度顔を合わせることとなったクラシコも閉幕。前月に行なわれたスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)決勝ではレアルにタイトルを譲ったバルサだが、ライバルを退けてのCL決勝進出という形でリベンジを果たした。

 試合後、バルサのグアルディオラ監督監督は、「この(結果の)影には多大なる努力が存在している。W杯のあと、チームはほとんど休みを取ることなく戻って来た」とコメント。2010年W杯を制したスペイン代表をはじめ、各国の代表選手を多く抱えるバルサの選手たちを労った。一方、準決勝のファーストレグで退席処分となり、この試合のベンチ入りを禁じられたモウリーニョ監督に代わり指揮をとったカランカ助監督は、「もはや言うべきことは何もない」と話し、モウリーニョ監督がチームの奮闘を称えていたことを伝えた。

 なお、決勝は28日にイギリス・ロンドンのウェンブリー・スタジアムにて開催される。バルセロナは4日に行なわれる準決勝セカンドレグのもう1試合、内田篤人が所属するシャルケ(ドイツ)とマンチェスターU(イングランド)の勝者と対戦する。

決勝トーナメント準決勝 1reg レアル・マドリードvsバルセロナ

チャンピオンズリーグは現地時間27日(以下現地時間)に準決勝ファーストレグの残り1試合が行なわれ、バルセロナとレアル・マドリー(以上スペイン)の宿敵同士の一戦は、メッシが2ゴールを挙げる活躍を見せたバルサが2対0で快勝。2年ぶりのファイナル進出に王手をかけた。一方、レアルはペペが退場となったうえ、モウリーニョ監督も退席処分となるなど、大きな痛手を負ってファーストレグを終えている。

 18日間で4度顔を合わせることとなったレアルとバルサ。第1戦となった国内リーグでの対決では1対1のドローと相譲らず、2戦目のスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)決勝は1対0でレアルがタイトルを手にする結果に。そして迎えたこの日の試合では、メッシが2得点を挙げる活躍を見せ、バルサを敵地「サンティアゴ・ベルナベウ」での勝利に導いている。

 序盤から試合を支配したのはアウェイのバルサだった。高いボールポゼッションからチャンスを作り出すバルサは、11分に右サイドから切り込んだビリャがゴールを脅かす。続く25分にはメッシのパスに抜け出したシャビがシュートを放つも、これはGKカシーリャスに阻まれゴールならず。一方、レアルはクリスティアーノ・ロナウドがミドルをねらうが、こちらもGKビクトル・バルデスのセーブに遭い、両チーム得点のないまま前半を終える。

 ハーフタイムには、ロッカールームへと引き上げる際に両チームの選手が揉み合いとなり、ベンチ入りしていたバルサGKピントが暴力行為により退場処分に。不穏な空気のなか後半へと突入すると、61分にレアルのペペがダニエウ・アウヴェスへのラフプレーでレッドカードを受けて一発退場。レアルはリーグ戦でのクラシコに続き、またもや10人での戦いを強いられる。

 数的優位となったバルサは76分、途中出場のアフェライが右サイドを突破し速いクロスを送ると、これに猛然とゴール前に走り込んだメッシが合わせ、ついに試合の均衡を破る。さらにバルサは87分、相手陣内でパスを受けたメッシが中央を単独でドリブル突破。そのままレアルDF陣をものともせずエリア内に侵入すると、最後はゴール左へ流し込んで試合を決定付ける2点目を奪う。試合はこのまま2対0で終了し、エースの活躍で快勝を収めたバルサは、大きなアドバンテージを持ってセカンドレグに臨むこととなった。

 バルサのグアルディオラ監督は試合後、「彼らのカウンターのスピードを抑え、非常に強力な空中戦を封じた。とても良い結果を得られたし、チームのみんなを祝福したい」とコメント。快心の試合内容に喜びを表した。一方、敗れたレアルのモウリーニョ監督は、「ゴールを決められたかもしれないし、試合を何とかできたかもしれなかったが、またしても彼ら(UEFA/欧州サッカー連盟)が試合を台無しにした」と述べ、不満をあらわにしている。

 なお、セカンドレグは5月3日、バルセロナの本拠地「カンプ・ノウ」で行なわれる。

決勝トーナメント準決勝 1reg シャルケvsマンチェスター・ユナイテッド

チャンピオンズリーグ(以下CL)は現地時間26日(以下現地時間)に準決勝ファーストレグの1試合が行なわれ、マンチェスターU(イングランド)が内田篤人の所属するシャルケ(ドイツ)と対戦。敵地で2対0と完勝し、決勝進出へ大きく前進した。内田は日本人では初となるCL準決勝の舞台に立ったが、白星を手にすることはできなかった。

 前半から試合を支配したのはマンUだった。サイド攻撃に加え、中央からもシャルケ陣内に攻め入り、ルーニーやエルナンデス、朴智星(パク・チソン)らがチャンスを迎えるなど猛攻を続ける。前半終了間際には、ギグスが二度にわたり決定機を掴んだが、マンUの得点機はことごとくシャルケの守護神ノイアーに阻まれ、ゴールはならず。両チーム無得点のまま試合を折り返した。

 前半にゴールチャンスをフイにしたギグスだが、後半に迎えた決定機はキッチリとモノにしてみせる。67分、エリア内に走り込んだギグスは、ルーニーから送られた絶妙なタイミングのスルーパスを左足で流し込み、ノイアーの牙城を崩す。ようやく均衡を破ったマンUはその2分後にも、先制点をお膳立てしたルーニーが追加点を挙げ、一気に2点のリードを奪った。マンUはその後もさらに大差をつける可能性もあったものの、ノイアーが鬼気迫るセーブでこれを許さず、試合は2対0のまま終了。シャルケは得意のホームで完敗を喫したが、2失点で凌いだことで敵地でのセカンドレグにわずかな望みを繋いだ。

 内田はこの試合にフル出場し、日本人として初のCL準決勝の舞台に立った。朴智星の強烈なシュートを体を張ってブロックするなど、マンU相手に気迫のプレーを見せたが、歴史的な一戦を勝利で飾ることはできなかった。

 試合後、マンUのファーガソン監督は「トップパフォーマンスだった。自分自身を信じ、お互いを信頼し合った結果だ。我々の(ヨーロッパでの戦いぶりの)ベストのうちの一つにランクされる」とコメント。敵地で最高の試合内容を披露した選手たちに賛辞を送った。

 一方、敗れたシャルケのラングニック監督は、「マヌエル・ノイアーに感謝しなければならない。前半を2、3点リードされて折り返さずに済んだのだから」と獅子奮迅の活躍を見せた守護神を称え、セカンドレグでの逆転を信じていると語った。

 なお、セカンドレグは5月4日、マンUの本拠地「オールド・トラフォード」で行なわれる。

決勝トーナメント2回戦 2reg シャフタールvsバルセロナ

チャンピオンズリーグ(以下CL)は現地時間12日に準々決勝セカンドレグの2試合が行なわれ、バルセロナ(スペイン)はシャフタール・ドネツク(ウクライナ)に1対0で勝利した。この結果、2試合合計スコア6対1でバルセロナがベスト4進出を決めている。準決勝での「クラシコ」実現へ、バルサが翌日に試合を控えるレアル・マドリー(スペイン)に先立って勝ち抜きを果たした。

 ホームで行なわれたファーストレグで5対1と大勝し、大きなアドバンテージを持って敵地に乗り込んだバルサ。選手の慢心を避けたいグアルディオラ監督はピケ、シャビ、メッシら主力を先発として送り込む。しかし、試合序盤に主導権を掴んだのはホームのシャフタールだった。ドウグラス・コスタ、ジャジソンのシュートが枠を捉え、バルサGKビクトル・バルデスが必死のセーブを強いられる。

 試合の流れを引き寄せたのはエースの一撃だった。43分、ダニエウ・アウヴェスのパスを受けたメッシは、詰め寄るDF3人をものともせず、ゴールネットを揺らしてみせた。このリードを守って試合中盤を迎え、勝ち上がりを確信したバルサは今週末に控えるリーグ戦での「クラシコ」を見据えた交代に出る。66分にシャビに交代を告げたグアルディオラ監督は、70分にピケ、75分にはビリャをピッチから退けた。その後は互いに決定機を迎えながらもゴールは生まれず、バルサが順当に4強入りを決めている。

 今季CLでの9得点目を挙げたメッシは今季公式戦でのゴール数を「48」に伸ばし、クラブのシーズン最多得点記録を更新している。

 なお、準決勝でバルサはレアルとトッテナム(イングランド)の勝者と対戦するが、ホームでのファーストレグで4対0の快勝を収めているレアルの勝ち上がりが濃厚となっている。準決勝で両者の対戦が実現した場合は、16日のリーガ・エスパニョーラを皮切りに、その4日後のスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)決勝を含め、18日間で4度の対決が見られることとなる。

 レアルのモウリーニョ監督は、昨季はインテル(イタリア)を率いてCL優勝を成し遂げているが、当時は準決勝でバルサを下してファイナルの場へと進んでいる。シャフタールを完封し、バルサの4季連続でのベスト4入りに貢献したビクトル・バルデスは、「(レアルとの対戦は)張りつめた試合になるだろうけど、すごく楽しいだろうね。(2008-09シーズン以来となる)三冠の達成は困難だが不可能ではない。そのために戦わなければならない」とコメント。これから待ち受けるであろうレアルとの激闘に意気込みを示した。








カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
オススメ
最新記事
最新トラックバック
プロフィール

harukichi24

Author:harukichi24
チャンピオンズリーグプレスへようこそ!
ワールドカップをも凌ぐと言われる、世界最高レベルの戦いが繰り広げられるUEFAチャンピオンズリーグ。
試合展望やトピック、そしてワールドクラスの選手達を紹介していきます。
youtube動画で各選手のスーパープレーもご堪能ください!

最新コメント
広告
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。