スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリペ・コウチーニョ(Philippe Coutinho,ふぇりぺ・こうちーにょ)

国籍      ブラジル
生年月日   1992年6月12日
身長      171cm
体重      72kg
在籍チーム
CRヴァスコ・ダ・ガマ (レンタル)→2008-2010
インテル 2010-

16歳にして「次代のブラジルを背負う期待の選手」として世界各国から注目を集め、プロデビュー以前からスペインのレアル・マドリードなどヨーロッパの複数のクラブが獲得に動いた。
2008年7月、イタリアのインテル・ミラノが移籍金380万ユーロでの獲得を発表したものの、セリエAは規定上18歳に満たない選手はプレーできないため、2010年6月までは母国・ブラジルのCRヴァスコ・ダ・ガマにローン移籍の形でプレーしていた。


スポンサーサイト

マルコ・ストラーリ(Marco Storari,まるこ・すとらーり)

国籍      イタリア
生年月日   1977年1月7日
身長      187cm
体重      83kg
在籍チーム
ラディスポリ 1994-1995
ペルージャ 1995-1998
→モンテヴァルキ・カルチョ 1998 レンタル
アンコーナ 1998-2002
ナポリ 2002
メッシーナ 2002-2007
ACミラン 2007-
→レバンテ 2007-2008 レンタル
→カリアリ・カルチョ 2008 レンタル
→フィオレンティーナ 2008-2009 レンタル
→サンプドリア 2010.1- レンタル

ペルージャなどのユースを経て1998年にACアンコーナとプロ契約。その後、ナポリ、メッシーナと渡り歩き、セリエBの舞台で経験を積む。
メッシーナ時代はお世辞にも強いといえなかったディフェンスの後方で孤軍奮闘していた。2004?05シーズンにメッシーナがセリエA昇格を果たしたことにともない、27歳にして一部リーグでのデビューを飾った。
時折ミスを犯すことはあるものの、抜群の身体能力を生かしたアクロバティックなセービングが持ち味。コーチングにも定評がある。


ルカ・トーニ(Luca Toni,るか・とーに)

国籍      イタリア
生年月日   1977年5月26日
身長      194cm
体重      88kg
在籍チーム
モデナ 1994-1996
エンポリ 1996-1997
フィオレンツォーラ 1997-1998
ロディジャーニ 1998-1999
トレヴィーゾ 1999-2000
ヴィチェンツァ 2000-2001
ブレシア 2001-2002
パレルモ 2003-2005
フィオレンティーナ 2005-2007
バイエルン・ミュンヘン 2007-2010
ASローマ 2010-(レンタル)

最前線、ペナルティエリア内でのプレーを得意とする典型的な点取り屋型のストライカー。ポストプレー、フィニッシュなど多彩なプレーを高い精度でこなす。
体格に恵まれており、その大きな体とコンタクト能力を存分に使ったポストプレー、ならびにポストから反転してのプレーを最も得意とする。反転からシュートまでの動きは卓越しており、シュートの精度も高い。
「特筆すべき点は無いが、ストライカーとしてのあらゆる素養を高いレベルで併せ持つ」と評される。


ミルコ・ヴチニッチ(Mirko VUcINIc,みるこ・ぶちにっち)

国籍      モンテネグロ
生年月日   1983年10月1日
身長      186cm
体重      79kg
在籍チーム
スティエスカ・ニクシッチ 1999-2000
レッチェ 2001-2006
ASローマ 2006-

アタッカーとして必要とされる能力はほぼすべてを備えている選手。高い身体能力をいかしたボールキープ、そこから繰り出される攻撃のバリエーションは幅広い。
長身を生かした空中戦の強さに加え、抜群のテクニックと正確なシュートセンスを持ち合わせる。ゴールアベレージも高いが、左ウイングでプレーするときはチャンスを作り出すことを強く意識しているようで、その時はゴールアベレージが低い。
足元の動きが柔軟で、また両足ともに精度の高いキックを蹴ることもできる。両足を器用に使ったドリブルは、相手2、3人を軽く抜くことができる。あまり蹴る機会はないものの、フリーキックでは無回転のシュートを打つこともできる。


ダビド・ピサーロ(David Pizarro,だびど・ぴさーろ)

国籍      チリ
生年月日   1979年2月11日
身長      170cm
体重      65kg
在籍チーム
サンチアゴ・ワンダラーズ 1997-1998
ウディネーゼ 1999-2000
ウニベルシダ・デ・チリ 2001
ウディネーゼ 2001-2005
インテル 2005-2006
ASローマ 2006-

パス能力が突出しており、ゲームメイキング能力に非常にたけている。体格は小柄ゆえに、フィジカルで競い負けすることが多いが、キープ力は高い。
テクニックは注目されることは少ないが、高い技術を持ち合わせており、緩急を上手く使い、ボールをキープする。インテルではサブであったが、パス能力は非凡であり、チップキック、威力の強いパスなどを使い分けて、最適な場所に最適な蹴り方でボールを提供する。デ・ロッシと比べてみても、そのパス能力はすばらしいものがある。
欠点として、守備力の低さがある。普段はデ・ロッシがこれを補っている。試合中、たびたび冒険をするため、時々ボールを低い位置で取られ、失点につながることがある。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
オススメ
最新記事
最新トラックバック
プロフィール

harukichi24

Author:harukichi24
チャンピオンズリーグプレスへようこそ!
ワールドカップをも凌ぐと言われる、世界最高レベルの戦いが繰り広げられるUEFAチャンピオンズリーグ。
試合展望やトピック、そしてワールドクラスの選手達を紹介していきます。
youtube動画で各選手のスーパープレーもご堪能ください!

最新コメント
広告
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。