スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルサ、メッシが強烈ミドル含む2ゴール! コペンハーゲン下し首位浮上/CL

チャンピオンズリーグは現地時間20日にグループリーグ第3節の残り8試合が行なわれ、グループDではバルセロナ(スペイン)がコペンハーゲン(デンマーク)を2対0で下した。一方、パナシナイコス(ギリシャ)とルビン・カザン(ロシア)の一戦は0対0の引き分けに終わっている。ロイター通信が報じた。

 ホームにコペンハーゲンを迎えたバルセロナは序盤からボールを支配し、19分にイニエスタのパスを受けたメッシがエリア外から強烈なミドルシュートを突き刺して先制に成功する。

 後半に入るとヌドエにクロスバー直撃のシュートを放たれるなど、あわや同点という場面を何度か作られたものの、これをなんとか無失点でしのぐ。すると後半ロスタイム、メッシのシュートのこぼれ球をエリアの左でひろったアビダルがクロス。大きくバウンドしたボールはゴール前に走り込んでいたメッシの足下に収まり、決定的な追加点が生まれた。2対0で勝利したバルセロナはコペンハーゲンを抜いてグループ首位に立っている。

 試合後、バルセロナのペップ・グアルディオラ監督は「試合をコントロールしてはいたが、それでもファンから不満の声が聞こえてくるのは、早いうちに試合を決め切れなかったからだろう。勝ち点1で終わる可能性もあった」とコメント。「試合を決められなかったのは単純に(前半のうちに)ゴールを奪えなかったからだ。ただ、こういうことはときどき起こるし、我々は試合を通していいプレーをしていた」と内容に多少の不満を見せつつも、勝利には一定の満足感を見せた。

 この日行なわれたグループDのもう1試合、パナシナイコスとルビン・カザンの一戦は、互いになかなかチャンスを作り出せず、0対0のスコアレスドローに終わっている。
スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
オススメ
最新記事
最新トラックバック
プロフィール

harukichi24

Author:harukichi24
チャンピオンズリーグプレスへようこそ!
ワールドカップをも凌ぐと言われる、世界最高レベルの戦いが繰り広げられるUEFAチャンピオンズリーグ。
試合展望やトピック、そしてワールドクラスの選手達を紹介していきます。
youtube動画で各選手のスーパープレーもご堪能ください!

最新コメント
広告
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。