スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決勝トーナメント準決勝 2reg バルセロナvsチェルシー

チャンピオンズリーグ(以下CL)は現地時間24日に準決勝セカンドレグの1試合が行なわれ、バルセロナ(スペイン)とチェルシー(イングランド)による一戦は、2対2のドローに終わった。この結果、2戦合計スコア3対2としたチェルシーが、4シーズンぶりに決勝の舞台へと駒を進めた。

 ファーストレグをチェルシーが1対0で制して迎えたこの日の大一番。試合は前回と同じく、ホームのバルサが圧倒的にボールを支配する展開で進むと、迎えた35分にCKの流れからダニエウ・アウヴェス、クエンカとつなぎ、最後はエリア内で待っていたブスケッツが流し込んでバルサが先制に成功する。

 その2分後には、1点ビハインドとなったチェルシーにアクシデント。チームの要であるテリーがボールと関係のないところでサンチェスにひざ蹴りを見舞い、レッドカードを受けて一発退場となると、これで数的優位に立ったバルサは43分、メッシのパスから最後はイニエスタが決め、トータルスコアでも2対1と逆転する。

 しかし、このままバルサが圧倒するかに思われた前半ロスタイム、チェルシーはランパードのスルーパスにラミレスが抜け出すと、鮮やかなループシュートを沈めてゴールを奪取。アウェイゴールの差で再び優位を保ち、前半を折り返した。

 再びゴールが必要となったバルサは49分、セスクがエリア内でドログバに倒されてPKを獲得する。しかし、過去7試合でチェルシーからゴールを奪えていないメッシのキックは、無情にもクロスバーを直撃。絶好のチャンスをフイにしてしまう。その後は9人全員が引いて守るチェルシーに対し、バルサはメッシのシュートがポストに阻まれるなど、どうしてもゴールが奪えない。

 すると後半ロスタイム、チェルシーは全員攻撃を仕掛けるバルサを尻目に、途中出場のフェルナンド・トーレスがロングボールに抜け出すと、GKもかわして落ち着いて流し込んで勝負を決める2点目を奪取。2戦合計スコアを3対2としたチェルシーが、昨季王者を下して決勝への切符を掴んだ。

 試合後、アトレティコ・マドリー(スペイン)時代にバルサと相性が良かったF・トーレスは、「サッカーとはこういうものさ。優勝候補やベストチームが常に勝つとは限らないんだ」とコメント。「僕らはバルサとどう戦うべきか分かっていた。確かに美しいサッカーではないかもしれない。でも、これが僕たちの武器なんだ」と、大本命を撃破した喜びを語っている。


บาร์เซโลน่า 2-2 เชลซี (UCL) 投稿者 veronghost
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリ
オススメ
最新記事
最新トラックバック
プロフィール

harukichi24

Author:harukichi24
チャンピオンズリーグプレスへようこそ!
ワールドカップをも凌ぐと言われる、世界最高レベルの戦いが繰り広げられるUEFAチャンピオンズリーグ。
試合展望やトピック、そしてワールドクラスの選手達を紹介していきます。
youtube動画で各選手のスーパープレーもご堪能ください!

最新コメント
広告
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。