スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決勝トーナメント準決勝 1reg チェルシーvsバルセロナ

チャンピオンズリーグは現地時間18日(以下現地時間)に準決勝ファーストレグの残り1試合が行なわれ、昨季王者バルセロナ(スペイン)は敵地でチェルシー(イングランド)と対戦し、0対1で敗れた。

 序盤からペースを握ったアウェイのバルサ。9分にはイニエスタの浮き球パスに抜け出したサンチェスがループシュートを放つも、惜しくもクロスバーに嫌われる。さらにバルサは17分、メッシのドリブルからイニエスタがシュート。GKツェフが弾いたところをセスクが詰めたが、シュートはヒットせず。43分にもメッシのスルーパスからセスクがGKと一対一を迎えるが、シュートはゴールラインを割る前にアシュリー・コールにクリアされ、チャンスを作りながらもゴールを奪えない。

 すると前半ロスタイム、ここまで守りを固めていたチェルシーが先制に成功する。ランパードが中盤でメッシからボールを奪うと、カウンターからラミレスが左サイドを突破。最後は折り返しをドログバが左足で決め、チェルシーリードで前半を折り返す。

 後半に入っても高いボールポゼッションを維持するバルサは、メッシを中心にチェルシーゴールを脅かすが、なかなか得点を奪えないまま時間だけが経過する。終盤87分には、セットプレーからプジョルが巧みなバックヘッドで狙うも、ここはGKツェフがスーパーセーブ。さらにバルサは終了間際、左サイドから放ったペドロのシュートはポストに阻まれ、そのこぼれ球をブスケッツがねらったが枠に飛ばず、決定的なチャンスを逃してしまう。

 バルサは圧倒的にボールを支配し、24度ものチャンスを作りながらも最後までチェルシーの牙城を崩せず、前日にバイエルン(ドイツ)に敗れたレアル・マドリー(スペイン)と同様、敵地でのファーストレグを落とす結果となった。

 チェルシーのディマッテオ暫定監督は試合後、FAカップ・トッテナム戦から中2日で臨んだなかで奮闘したベテラン陣を絶賛。「彼らベテラン陣に対しては、多くの意見が叫ばれていた。ピークを過ぎたとか、連戦をこなせるほど若くないとかね。だが、彼らは過密日程のなかで2試合プレーした。今夜ピッチ上での出来事が答えになったと思う」とコメントしている。

 一方、敵地での初戦を落としたバルサのグアルディオラ監督は、「我々はとても多くのチャンスを作った。ここまでできるとは私自身も思っていなかった。だが、非常に強い相手からゴールを奪えなかったということ。強いチームでなければ準決勝まで残ることはできない。タフなチャレンジになることは分かっていたし、実際にそうなった」と、堅守を誇ったチェルシーを称えた。

 なお、準決勝セカンドレグは24日、バルセロナの本拠地「カンプ・ノウ」で行なわれる。


szólj hozzá: Chelsea BarcA 1:1 HIGHLIGHTS
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
オススメ
最新記事
最新トラックバック
プロフィール

harukichi24

Author:harukichi24
チャンピオンズリーグプレスへようこそ!
ワールドカップをも凌ぐと言われる、世界最高レベルの戦いが繰り広げられるUEFAチャンピオンズリーグ。
試合展望やトピック、そしてワールドクラスの選手達を紹介していきます。
youtube動画で各選手のスーパープレーもご堪能ください!

最新コメント
広告
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。